みさき歯科室 Misaki Dental Office
MENU
HOME コンセプト 診療案内 院長紹介 歯科矯正 治療料金 治療後の注意 治療実績一覧 歯と健康コラム アクセス お問合せ English TEL: 03-3721-4618 インビザライン矯正のご案内

矯正歯科に行くのなら、歯並びだけ並べるのではなく噛み合わせの矯正を! phone03-3721-4618 メールお問合せ
多摩川駅徒歩2分・田園調布駅徒歩7分

この治療を最後の歯科治療にするために
患者様に守って頂きたいこと

今日の治療後の注意点

今日の治療後の注意点このページは、みさき歯科室で行う様々な治療の後に、やってはいけないことやご注意いただきたい事が一覧としてまとめてあります。

歯は固く並んで見えますから一般の方は気づきませんが、噛み合わせや食いしばりの影響で毎日ミクロン単位で動いています。

ですから歯科の治療では特に、治療経過中・治療後の過ごし方や生活習慣改善など、患者様の努力と医師の治療が合わさってはじめて正しい噛み合わせで治療が完了するものなのです。

歯の治療は、歯科医師まかせでは完治しづらいものなのです。

お口の環境を正しく保つため、下のリンクをクリックして詳細をお読みください。ご不明点がございましたらそのままにせず、必ずお問合せくださいませ。

歯科治療後の日常のルールを守って、二度と再治療のないお口の中を手に入れましょう。

外科的治療・検査前のご注意一覧

サリバチェック当日の注意事項

検査当日は下記の点にご注意の上お越しください。

  1. お食事は1時間前までにお済ませください。
  2. 飲み物も出来るだけお控えください。(お水・お茶等少量ならOK)
  3. 洗口剤(市販のリステリンなど)の使用も1時間前まででお願いいたします。

上記の事項は検査結果に影響いたしますのでお守りのうえご来院ください。

抜歯をした後の注意
  1. お口の中に溜まっている唾液は飲み込んでしまってください。(出血がいつまでも止まらなくなります。)
  2. 強いうがい、唾液を強く吐き出す等の行為はしないようお願いします。
  3. 30分間はガーゼをしっかり噛んでください。
    出血がある際には、清潔なガーゼ又はティッシュに交換してください。
  4. 激しい運動はお控えください。
  5. 飲酒、喫煙はお控えください。
  6. 入浴はシャワー程度にし、お湯にはつからないようにしてください。(痛みや出血が止まらなくなる可能性がたかくなります。)
  7. お薬は決められた用法で服用してください。
  8. 麻酔は1~2時間効いていますので、麻酔が切れてからご飲食ください。
インプラント手術後の注意

術後2週間が重要な初期治癒の過程になりますので以下の指示に従ってください。

  1. 術後24時間は口をすすがないでください。また入浴は避けてください。
  2. 術後出血がある場合には食塩水を含ませたガーゼを丸く巻き約60分噛みます。それでも流れる程度の出血がある場合には当院まで連絡してください。
  3. 最初の2日間は患部をアイスパックで20分毎に冷やしてください。
  4. 術後の最初の2日間は頭を少し(枕一つ分)高くして休んでください。術部の腫れを軽減することができます。
  5. 鼻出血がある場合、3日間は鼻を強くかまないでください。
  6. 最初の5日間は切開部に食物の残り物が停滞して炎症を長引かせる可能性がありますので、スープなどの流動食を摂るように心掛けてください。
  7. 2週間目はスープに半固形状物(ミキサーで粉砕した物や軟らかい物)を加えた食物を摂取してください。術後2週間は、喫煙および飲酒は控えてください。
  8. 毎食後、必ずウガイをしてください(当院が処方したもの)。
  9. 以前使用されていた義歯は装着しないでください。術後2週間以降、術部の治癒状態によって医師が義歯の裏面を削除して軟らかい物に置き換えますので、それを装着します。
  10. 処方された薬剤は必ず服用してください。抗生物質は指示通りに胃薬と一緒に服用してください。極力食後に服用するように心掛けてください。

もし術部の治癒状態について質問および問題がありましたら当院医院長までご連絡ください。

セラミックや仮歯を入れた時のご注意一覧

仮歯を入れた後の注意
  1. 仮歯を装着後30分ぐらいは、お食事は避けてください。
  2. その後は通常食であれば、問題なくお食事できます。
  3. ガム・キャラメルなどの材質は、仮歯に付着すると取れませんのでお避けください。
  4. 尚、万が一外れてしまった際には、ご連絡ください。
    外れたままにしておきますと、歯が動いて寄ってきたり対合歯が伸びてきたりして噛み合わせが狂い、再治療が高額になる可能性もございますのでご注意ください。
セラミック修復後の注意

セラミック装着後、1時間はお食事を控えてください。

セメントは24時間かけて完全に固まります。その間は装着した部分では噛まない、くいしばらないようご注意ください。早期脱落の原因となってしまいますので、厳守してくださいますようお願いいたします。

咀嚼は回数でカバーして咬合による負担も軽減するよう心がけましょう。それは、誤飲の防止にも繋がります。装着セメントは、改良に改良を重ね通常の咀嚼力では、脱離することはないものを使用しております。

  1. セラミックは強度の高いものですが、瞬間に起こる衝撃力には弱い場合があります。
  2. キャラメル、ヌガー、ミルキー、ガムなど、粘着性の強いものに御注意ください。
  3. 飴やコンペイトウのような小さなカケラでも、セラミックの部分でパリンと噛むとヒビがはいることあります。噛むものではないことを認識しましょう。
  4. 歯ぎしり、食いしばりもできるだけリラックスして改善できるように心がけましょう。それが、長く歯を維持して行くための必須条件となります。

最近では、外的ストレス等により・・・全人口の97%の方が食いしばり・歯ぎしりをし、その力は200kg以上というデーターがございます。

無意識下によるこうした行為は、歯に相当の負担をかけてしまっています。 咬合面の磨り減りや歯の破折、顎関節への負担をおこしてしまう症例も多々ございます事をご理解いただき、できるだけそういった負担を軽減して長期使用できる環境を整えましょう。

※くいしばりについて詳細は、院長のコラム(ブラキシズム)をご覧ください。

矯正装置装着のご注意一覧

とりはずしの矯正装置を初めて装着した日の注意

とりはずしの矯正装置とは、顎を拡げてスペースを確保していくことで並べきれない歯を並べたり、顎のアンバランスを修正して正常な機能を取り戻すための装置です。

  1. 基本的に、夜寝る前の歯磨き時以外の時は(食事・就寝時も)装着したままにしましょう。(出来れば2日間は外さないようにしましょう。)
  2. 歯磨き時は装置を外し、装置も歯ブラシで汚れを取るようにしてください。
    カレーなど色がつきやすい物を召し上がった際、または1週間に一度、専用の洗浄剤(5分~10分程度洗浄)などをお使いいただくときれいになります。
  3. 1週間位は、発音などで不自由だったり、お食事なども多少召し上がりにくいこともありますが、徐々に慣れてきますので、お食事は食べやすい大きさにするなど、最初のうちは調理方法も工夫してくださるようにお願い致します。

    ※気にしすぎて、舌で触ったりすると装置がゆるくなる原因となります。また舌に傷ができたり、慣れにくくなるので注意しましょう。
  4. はじめのうちは(小学生まで)ご両親様が装置の取り外しをなさってくださいますようお願い致します。
  5. 外した際に、忘れて放置したりしますと装置が入らなくなってしまいます。長時間外したままにしないようご注意ください。
  6. 装置は週に1回~2回程度、ご自身で回転して拡げていただきます。脱着の際には、必ず両手でしっかり押し込んでください。噛んで装着したりしますとワイヤー部分の破損の原因になります。

    ※回転をして継続的な痛みを感じたりした際には、回転を止めたり戻したりする必要がある場合があります。継続的な痛みを感じる場合にはまず当院にご連絡ください。こちらで判断し対処させていただきます。
ブラケット装着後の注意

装着後、1時間はお食事を控えてください。セメントは24時間かけて完全に固まります。その間は装着した部分では噛まない、くいしばらないようご注意ください。早期ブラケット脱落の原因となってしまいますので、厳守してくださいますようお願いいたします。

咀嚼は回数でカバーして咬合による負担も軽減するよう心がけましょう。

装着セメントは、改良に改良を重ね通常の咀嚼力では、脱離することはないものを使用しております。

  1. 強度の高いものですが、瞬間に起こる衝撃力には弱い場合があります。
  2. キャラメル、ヌガー、ミルキー、ガムなど、粘着性の強いものに御注意ください。
  3. 飴やコンペイトウのようなものは、咬むものではないことを認識しましょう。咬み切りにくいものは小さくして噛むよう心がけ負担をかけない食事をなさってください。
  4. 歯ぎしり、食いしばりもできるだけリラックスして改善できるように心がけましょう。それが、長く歯を維持して行くための必須条件となります。

最近では、外的ストレス等により・・・全人口の97%の方が食いしばり・歯ぎしりをし、その力は200kg以上というデーターがございます。無意識下によるこうした行為は、歯に相当の負担をかけてしまっています。

ブラケットの破損、ワイヤーの破折、顎関節への負担をおこしてしまう症例も多々ございます事をご理解いただき、できるだけそういった負担を軽減してスムーズな矯正で、綺麗な歯並び・噛み合わせを確立していきましょう。

※くいしばりについて詳細は、院長のコラム(ブラキシズム)をご覧ください。

ご協力とご理解をお願いいたします。

アソアライナー(インビザライン)治療上の注意

インビザライン矯正の詳細は、当院専門サイトもご参照ください。

  1. アソアライナー(クリアライナー・インビザライン)は装置を付けている時のみ矯正力がかかるため、患者様の全面的な協力が必要な治療です。

    就寝時も含め1日17時間は装着してください。初めは浮いた感じがします。咬み込み運動をしていくごとにフィットしていきます。
    1日17時間以上使用できない場合には歯が目的の位置まで移動しないため、治療期間が長引いたり良い治療結果が得られない事があります。
  2. お食事のときはアライナーを取り外してください。
  3. ご自身での管理が治療期間や治療結果に影響する矯正装置ですので、ご理解の上装置を使っていただくことが大切です。
  4. 装置を外す際は必ず専用ケースに入れ、放置しないようお願いいたします。
  5. 夜の歯磨き時には装置も丁寧に洗浄し、綺麗な状態でご使用ください。
  6. 装置を洗浄する際は専用の洗浄剤をお使いください。

アソアライナーのデメリット

適応症が限られます

奥歯の噛み合わせに問題のない前歯部の歯列不正や後戻りの治療、スペースの閉鎖などが主な適応症です。抜歯が必要な場合や上下顎の大きな不調和、複雑な歯のコントロールなどはアソアライナーでの治療は困難です。

装着時間を守らないと歯は動きません。

マウスピースを装着しなければ歯は移動しません

マウスピース矯正は装置が取り外せることは大きなメリットでもありますが、簡単に装置が取り外せるため、患者様が責任を持って決められた時間装置を点けなければ治療は進みません。

毎回歯形を取る必要があります。

アソアライナーの制作のために毎回、歯型を取る必要があります(通常一か月毎)。但し、海外出張などで来院できない場合、最大3か月分をまとめて制作することもできます(スリー イン ワン アライナー/3 steps in 1 Aligner)。

マウスピースのご注意一覧

スプリント使用の注意
  1. 歯ブラシ等によるお口のケアー後に装着してください。
  2. 使用後は水洗いをし、洗剤を使う場合は、中性洗剤をお使いください。
  3. 保存用ケースにお水または専用の洗浄液に浸し保管するようにしてください。
    (そのまま、装置を放置しますと・・・装置が乾燥し変形してしまいます。)
  4. スプリントの洗浄に歯磨き粉を使用しないでください。
    歯磨き粉に含まれている研磨剤が、装置に傷をつけてしまう恐れがあります。
  5. 50度以上のお湯や熱湯で消毒などしないようご注意ください。変形して使用できなくなる恐れがございます。

最近では、外的ストレス等により・・・全人口の97%の方が食いしばり・歯ぎしりをしているというデーターがございます。

無意識下によるこうした行為は、歯に相当の負担をかけてしまっています。

咬合面の磨り減りや歯の破折、顎関節への負担をおこしてしまう症例も多々ございます。

※くいしばりについて詳細は、院長のコラム(ブラキシズム)をご覧ください。

慣れないうちは大変ですが、日中出来る限りご使用いただき、歯や顎関節等への負担を軽減させてください。

ナイトガード使用の注意

最近では、外的ストレス等により・・・全人口の97%の方が食いしばり・歯ぎしりをしているというデーターがございます。

※くいしばりについて詳細は、院長のコラム(ブラキシズム)をご覧ください。

無意識下によるこうした行為は、歯に相当の負担をかけてしまっています。

咬合面の磨り減りや歯の破折等をおこしてしまう症例も多々ございます。

口腔内をチェックさせていただいた結果必要な方に、負担を軽減し、健康な歯を維持していただくためナイトガードの使用をお勧めいたします。

  1. お休み前に、歯ブラシ等によるお口のケアー後に装着して就寝してください。
  2. 使用後は水洗いをし、保存用ケースにお水または洗浄液に浸し保管するようにしてください。(そのまま、装置を放置しますと・・・装置が乾燥し変形いたします。)
  3. 熱湯で消毒などしないようご注意ください。変形して使用できなくなる恐れがございます。

基本的には夜の使用が主体ですが、日中パソコンなど集中してしまうお仕事をなさっている方は、できるだけ使用なさって頂くことをお勧めいたします。

就寝前には悩み事を考えたり・・・嫌なことを思い出したりしないよう・・・なるべくリラックスをしてお休みいただくことをお勧めいたします。

TEL: 03-3721-4618 TEL: 03-3721-4618

up-arrow